保険金を受け取ったときの税金について

2012年1月4日

生命保険や損害保険の保険金については、保険料の負担者や支払原因によって、課税関係が異なってきます。

生命保険

生命保険を受け取る場合、その保険金が死亡に基づくものか、満期によるものか、また、保険料の負担者は誰なのかなどによって課税関係が異なります。
夫婦間でみると、次の表のようになります。

区分 被保険者 負担者 受取人 保険事故等 課税関係
(1) 満期 夫の一時所得
(2) 満期 妻に贈与税
夫の死亡 妻に相続税
(3) 夫の死亡 妻に相続税(生命保険契約に関する権利)
(4) 満期 夫の一時所得
妻の死亡

一時所得の場合の課税所得の計算式

{( 保険金−支払保険料) − 50 万円} × 1/2

保険金については各保険会社から届いているお知らせを確認するか、不明なことについては最寄りの税務署に確認してください。

<問い合わせ先>
釜石税務署 0193-25-2081(代表)

         音声案内に従い「2番」を選択してください。

受付時間   8:30~17:00(土日、祝日を除く)