国民年金の免除申請、行方不明者の年金

2012年6月20日

国民年金の免除申請について

平成24年6月までに免除申請された方は免除の承認期間が平成24年6月までとなります。
また、東日本大震災に伴う免除申請も平成24年6月末日までが承認期間となります。
平成24年7月以降も引き続き免除を希望される場合は、平成24年7月以降にあらためて免除申請の手続きが必要となります。

 

≪免除申請に際しての留意点など≫

  • 保険料の全額免除や一部納付(一部免除)等の承認を受けた期間は、保険料を全額納付したときに比べ、将来受ける年金額が少なくなります。
  • このため、免除申請が承認された期間は、10年以内であれば、後から保険料を納付(追納)することができます。追納した期間の年金額は、保険料を全額納付した場合と同じに計算されます。
  • 追納する場合は免除申請が承認された期間の翌年度から起算して、3年度目以降に追納する場合には、当時の保険料額に経過期間に 応じた加算額が上乗せされます。
  • 国民年金基金にご加入されている方については、免除申請が承認されますと、国民年金基金を脱退することになりますのでご注意ください。
 

<問い合わせ先>

大槌町町民課 国保年金班 0193-42-8713

 

東日本大震災による行方不明者の「年金」

東日本大震災により行方不明となった方が、「生死が3ヵ月間分からない場合」または「死亡が3ヶ月以内に明らかとなったが、その死亡の時期が分からない場合」に、平成23年3月11日に死亡したものと推定して年金手続きを取ることができます。

手続きの種類

  1. 年金を受給していた方の未支給年金請求
  2. 遺族への給付請求(遺族年金、寡婦年金、死亡一時金)

詳しい手続き方法は年金事務所にお問い合わせください。

 

<問い合わせ先>

宮古年金事務所 0193-62-1963