国民年金とは

2012年4月3日

 

 国民年金は、すべての国民を対象として、老後の生活や、病気やケガで障害者になったとき、生計を維持している方が死亡したときなどに基礎年金を支給し、経済的な支えを行うことを目的としています。 日本に住んでいる20歳から60歳になるまでの方、すべての方が加入します。 加入者は職業などによって3つのグループに分かれており、それぞれ加入手続きや国民年金保険料の納め方に違いがあります。

国民年金加入の種類

必ず加入する方

(強制加入)
第1号被保険者 自営業、農林漁業、無職、自由業、学生などの日本国内に住む20歳以上60歳未満の方
第2号被保険者 会社員や公務員など、厚生年金保険、共済組合に加入している方
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の方

希望すれば加入できる方

(任意加入)

  • 日本人で海外に住んでいる20歳以上65歳未満の方
  • 日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満で受給額を満額に近づけたい方
  • 受給資格期間を満たしていない60歳以上70歳未満の方
  • 老齢厚生年金、退職共済年金の受給者で60歳未満の方

 

公的年金制度の仕組み

公的年金制度は2階建て構造で、国内に居住する20歳以上60歳未満のすべての人が加入する国民年金(基礎年金)と、サラリーマンの方などが加入する厚生年金や共済組合があります。国民年金のみに加入した方は基礎年金だけを受け、厚生年金や共済組合に加入した方は、 基礎年金とそれぞれの制度から報酬に比例した上乗せ年金を受けることになります。

年金制度の仕組み

 

お問い合わせ

町民課
国保年金班
電話:0193-42-8713