入院時の食事代

2012年4月3日

一般病床に入院したとき(入院時食事療養費)

入院したときの食事代は、1食あたり下記の標準負担額を自己負担します。

所得区分 標準負担額
現役並み所得者 260円
一般
低所得者II 90日までの入院 210円
過去12ヶ月で90日を超える入院 160円
低所得者I 100円

<ご注意いただく点>

  • 所得区分は、医療費の一部負担金等のページを参照してください。
  • 低所得者I・IIの方は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、町民課窓口に申請してください。

療養病床に入院したとき(入院時生活療養費)

療養病床に入院するときは、食費と居住費の標準負担額を自己負担します。

所得区分
食あたりの食費※
1日あたりの居住費
現役並み所得者
一般 460円 320円
低所得者II 210円 320円
低所得者I 130円 320円
   老齢福祉年金受給者 100円 0円

※一部医療機関では420円

<ご注意いただく点>

  • 所得区分は、医療費の一部負担金等のページを参照してください。
  • 入院医療の必要性の高い状態が続く方や回復期リハビリテーション病棟に入院している方については、上記の入院時食事代の標準負担額と同額を負担します(居住費負担はありません)。
  • 低所得者I・IIの方は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、町民課窓口に申請してください。

限度額適用・標準負担額減額認定証について

医療機関は「現役並み所得者」と「一般」の方の所得区分は被保険者証により判断します。
「低所得者I」「低所得者II」の方は医療機関への所得区分の証明として「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。「低所得者I」「低所得者II」に該当する方は、入院する前に「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を申請してください。

限度額適用・標準負担額認定証の申請ついて

必要なものを用意し、以下のとおり申請してください。

申請に必要なもの
  • 申請書
(用紙は町民課窓口にもございます)
  • 被保険者証
  • 認印
申請場所 町民課国保年金班

 

お問い合わせ

町民課
国保年金班
電話:0193-42-8713