療養費

2012年4月3日

療養費の支給

次のような場合は、いったん全額自己負担しますが、申請して認められると、自己負担分を除いた額が支給されます。

  • やむを得ない理由で、保険証を持たずに受診したときや保険診療を扱っていない医療機関にかかったとき(海外渡航中に治療を受けたときも含む)
    ※ただし、治療目的の渡航は除きます
  • 医師が必要と認めた、輸血した生血代やコルセットなどの補装具代がかかったとき
  • 医師が必要と認めた、はり・きゅう・マッサージなどの施術を受けたとき
  • 骨折やねんざなどで、保険診療を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき

療養費の申請方法

療養費の申請では、振込先の届出が必要です。
必要なものを用意し、以下のとおり申請してください。

申請に必要なもの
  • 申請書
(用紙は町民課窓口にもございます)
  • 被保険者証
  • 認印
  • 振込先預貯金通帳
申請場所 町民課国保年金班

 

お問い合わせ

町民課
国保年金班
電話:0193-42-8713