介護サービスの利用の仕方

2016年1月4日

要介護認定申請が必要です

介護保険のサービスを利用するためには、町に申請をして「介護や支援が必要である」と認定されることが必要です。この要介護認定を受けるための手続きは、次のとおりです。

1.申請

大槌町役場長寿課に申請書を提出します。
※申請の際には、介護保険の被保険者証をご持参ください。(申請者が65歳未満の場合は、健康保険の被保険者証をご持参ください。)
※申請書は、窓口にあります。(下の「介護保険要介護認定・要支援認定申請書からもダウンロードできます。)

 

介護保険要介護認定・要支援認定申請書(125KB)

 (※平成28年1月1日から申請書様式が変更となりました。)

 

※申請は、本人や家族以外にも、地域包括支援センター、指定居宅介護支援事業所などが代行することもできますので、お近くの事業所にご相談ください。

2.訪問調査等

 訪問調査

町(又は町が委託した)調査員が自宅等を訪問し、心身や生活状況などを調査します。病院などに入院していても、状態が安定していれば入院先を訪問して調査します。

主治医意見書

申請書に記載された主治医に対して直接町が依頼して、心身の状況や生活機能に関する意見書を作成してもらいます。主治医がいない場合は、町が指定する医師の診察を受けていただきます。

 3.審査判定

一次判定

訪問調査と主治医意見書の結果をもとにコンピュータによる判定を行います。

二次判定

コンピュータによる一次判定の結果と主治医意見書をもとに、保健・福祉・医療の専門家で構成する介護認定審査会で、介護の手間のかかり具合や状態の維持・改善の可能性について審査判定します。

4.認定

認定結果通知書と認定結果が記載された新しい被保険者証が届きます。

支援が必要と認められた方

「要支援1・2」

(介護予防サービス)

介護保険サービスの対象者ですが、要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性

が高い人などが利用するサービスです。

地域包括支援センターで作成した介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)に基

づいてサービスを利用できます。 

介護が必要と認められた方

「要介護1~5」

(介護サービス)

生活機能の維持・改善を図ることが必要な人が利用するサービスです。在宅サービス

は指定居宅介護支援事業所で作成した介護サービス計画に基づいてサービスを利用

できます。施設サービスは、直接施設に入所の申し込みをします。

 

※特別養護老人ホームについては、原則、要介護3以上の方

  ただし、要介護1又は2の方であっても、やむを得ない事情により指定介護老人福

  祉施設以外での生活が著しく困難であると認められる場合は、この限りではありま

   せん。

自立と認められた方

「非該当」

(地域支援事業(介護予防事業))

介護予防サービス、介護サービスは利用できませんが、地域支援事業(介護予防事

業)のサービスを利用できます。詳しくは、地域包括支援センターに相談してください。

ケアプランの作成を依頼する事業所が決まりましたら、居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書を町役場に提出していただきます。なお、この届出書は事業所のケアマネージャーが代理で届出することが可能です。

 

居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書(77KB)

介護予防サービス計画作成依頼(変更)届出書(95KB)

 

もし、被保険者証を失くされた方は、以下の申請書を提出することで再交付ができます。

介護保険被保険者証等再交付申請書(79KB)

 (※平成28年1月1日から申請書様式が変更となりました。)

 

 

 

お問い合わせ

長寿課
介護班
電話:0193-42-8161