印鑑登録

2012年7月8日

印鑑登録についてのご案内

印鑑登録は大槌役場町民課戸籍住基班で受け付けています。

印鑑登録証明書とは

印鑑登録とは、印鑑を市区町村に登録しておくことで、登録された印鑑は「実印」となり、「認め印」と区別されます。家屋や土地などの不動産売買のほか、金銭の賃借や公正証書作成などの際、使用した印鑑が「実印」であることを証明するのが「印鑑登録証明書」で、本人を確認し、権利義務の責任の所在を証明するものとして使われます。そのため、印鑑の登録申請は本人が窓口で直接行うことが原則となります。

印鑑登録できる方

大槌町に住民登録している満15歳以上の方です。

届出の際必要なもの

登録する印鑑 登録できる印鑑は以下のとおりです。

・1辺の長さが8ミリ以上25ミリ以下で正方形におさまる(用紙は町民課窓口にもございます。)
・正しい氏名(氏または名のみも可)
・欠けていないもの
・職業や模様が入っているものは使用できません

本人確認書類 運転免許証・パスポート・住基カード(写真付)・個人番号カード等
(ご本人の申請の場合です。また、本人確認できるものをお持ちではない方は、後日照会書を郵送してご照会したのち、登録させていただく手順となります。)

手数料

300円

登録方法

本人申請の場合

運転免許証等顔写真入りの本人確認資料を提示した場合は、即日登録となります。
その場で本人確認できない場合や、顔写真入りの本人確認資料が無い場合は、郵便による照会(以下の代理人申請参照)をいたします。

代理人申請の場合

代理人申請の場合、その場での本人確認ができませんので、後日郵便によりご本人に照会書を送付します。その照会書に必要事項を記入し、再度窓口にお持ちください。お持ちいただいたときに、登録となります。
照会書をお持ちになる際も代理人の方となる場合には、申請の時同様に、委任状が必要となります。
照会書の委任事項欄も記入し、代理人に依頼してください。

印鑑登録証

印鑑登録をした方には、印鑑登録証を交付します。なお登録証や登録してある印鑑を紛失したときは、速やかに届け出て下さい。

 

印鑑登録の廃印、改印についてのご案内

印鑑登録の廃印、改印は大槌役場町民課戸籍住基班で受け付けています。

印鑑登録の廃止、改印

印鑑登録を廃止したいときは、登録してある印鑑に登録証を添えて届け出て下さい。また別の印鑑に変更するときは、登録してある印鑑の廃止手続きを行なった後に改めて登録手続きをして下さい。

印鑑登録を廃止できる方

本人、代理人

届出の際必要なもの

(1)申請書 印鑑登録廃止の申請書を記入していただきます。
申請書(144KBytes)(用紙は町民課窓口にもございます。)
(2)登録している印鑑 印鑑登録している印鑑をお持ちください。
(3)印鑑登録証 印鑑登録番号が記載されたカードです。

手数料

無料

 

印鑑登録証明書についてのご案内

印鑑登録証明書の発行については、「印鑑証明のページをご覧ください」。

お問い合わせ

町民課
戸籍住基班
電話:0193-42-8713