倒壊家屋の基礎等の撤去について申込受付を開始します

2012年10月22日

 町では、今回の東日本大震災により倒壊した建物の基礎等を解体撤去します。撤去の対象となる建物等の条件等は以下のとおりです。 
 希望する人は「建物基礎等の撤去申請書兼同意書」に記入し大槌町役場環境整備課まで提出してください。なお、「建物基礎等の撤去申請書兼同意書」は、平成24年11月5日(月)までに返送してください。(消印有効)

■撤去の対象となる建物等の条件等
1 撤去の対象は、罹災証明書の半壊以上となっている家屋の基礎等です。罹災証明書のコピーを申請書に添付してください。
2 居住していた土地およびそれに付属する土地に残存する構造物を解体撤去します。
3 取り壊したコンクリート構造物等は、廃棄物として大槌町で処分します。
4 基礎の撤去により、隣地との境界が不明となるおそれが生じる場合は、最少の構造物等を残すようにしますが、
  大槌町では原則、測量等による境界復元や境界杭の再設置は行いません。
5 取り壊しにあたっては、原則、所有者等の立会を行います。
6 取り壊しは、一定量をまとめて、地区ごとに行う予定です。
7 基礎の撤去に関して、当該建物等の関係者と紛争があった場合は、申請者の責任において処理してください。

建物基礎等の撤去申請書兼同意書(102KBytes)
 

お問い合わせ

環境整備課
電話:0193-42-8722