産科医療補償制度の申請期限は満5歳の誕生日までです

2013年3月7日


 産科医療補償制度とは、分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児とその家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、原因分析を行い、同じような事例の再発を防止する情報を提供することなどにより、紛争の防止、早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的としています。

 
補償 補償金は、1次金と分割金あわせ総額3,000万円が支払われます。
  ※申請できる期間は、満1歳の誕生日から満5歳までの誕生日までです。
原因分析・再発防止
  • 医学的観点から原因分析を行い、報告書を分娩機関と保護者へ送付します。
  • 原因分析された複数の事例をもとに再発防止に関する報告書を作成し、分娩機関や関係学会、行政機関などに提供します。
 

<問い合わせ先>

産科医療補償制度専用コールセンター
  TEL 03-5800-2231(9:00~17:00) ※土日祝日は除きます