楽笑幸齢者になろう!5

2014年1月10日

幸齢者になろう!

介護で困っていることはありませんか?

 当町でも高齢化は進んでおり、自宅で介護をされている方も増えている状況です。
全国的にも同様で、お年寄りがお年寄りの介護をする「老老介護」も増加傾向にあります。
 また、排泄の介助を大変に感じている介護者が多く、男性の介護者では、料理作りを大変に感じている場合も多いようです。

【介護のヒント】
 家族介護者のタイプごとに、一般的な傾向やその解決策について紹介します。 
高齢の夫が高齢の妻の面倒をみているケース
息子が親の面倒をみているケース
抱えている主な課題
「自身の健康不安・体力の衰えを感じたとき」や「介護をいつまで続けなければならないのかと先行きを考えたとき」に不安を感じる傾向がみられます。
抱えている主な課題
「仕事と介護の両立に困難が生じたとき」や「経済的状況が悪化したとき」に特に不安を感じる傾向があります。また、他のタイプよりも、ストレスの解消策をみつけられない方が多い傾向があります。
主な解決策
男性がとくに苦手とする入浴介助や排せつ介助については、介護保険サービスの利用を検討してみたり、町が主催する介護教室、料理教室、栄養教室などに参加してみましょう。
主な解決策
ストレスをため込むと介護者も、介護される方もつらい状況になります。親しい方へ相談したり、当センターでも相談を受け付けておりますのでお気軽にご利用ください。
高齢の妻が高齢の夫の面倒をみているケース
妻が夫の親の面倒をみているケース
抱えている主な課題
「自身の健康不安・体力の衰えを感じたとき」や「病気や障害などが悪化したとき」に特に不安を感じる傾向がみられます。
 
抱えている主な課題
「自身の時間が取れないことによる不都合が生じたとき」や「要介護者との関係が悪化したとき」に特に不安を感じる傾向がみられます。他のタイプより、介護にストレスを抱きやすい傾向があります。
主な解決策
女性が体の大きい男性の介護をするには、体力的につらいことも多く出てきます。介護保険サービスの利用を検討してみたり、夫も自分自身も医療機関への受診を定期的に行いましょう。
主な解決策
介護保険サービスの利用をし、介護者自身の時間を持つことで気分転換を図りましょう。
 
  介護でお困りの場合は、大槌町地域包括支援センター(0193-42-8716)へご相談ください。

お問い合わせ

地域包括支援センター
電話:0193-42-8716