日本貨物鉄道株式会社から「災害廃棄物輸送列車の模型」など3点を寄贈していただきました

2014年3月5日

 平成26年2月27日(木)に東京都で受け入れていただいていた災害廃棄物の広域処理が終了したことの報告があり、町長よりがれきの受け入れ及び処理に対する感謝の念を伝えました。この報告会の中で日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)から大槌町へ実際に災害廃棄物を輸送していたコンテナ及び災害廃棄物輸送列車の模型、パネルの寄贈がありました。

 

 寄贈していただいた模型及びパネルは庁舎内に展示し、コンテナについてはリサイクルセンターに設置し活用していきたいと考えております。

 

                                              引渡し

                           (左から東京都環境局廃棄物対策部 荒井係長、日本貨物鉄道(株) 小栗環境事業部長、碇川町長)

                   (寄贈していただいたパネル(写真中央))

                                              模型                   

                   (寄贈していただいた災害廃棄物輸送列車の模型)

                                              コンテナ

           (寄贈していただいた災害廃棄物輸送コンテナ(大槌町リサイクルセンター内設置))

お問い合わせ

環境整備課
電話:0193-42-8722