平成27~29年度(第6期)の介護保険料が決まりました。

2015年3月25日

 平成27年度から平成29年度までの介護保険事業に必要な見込み額等により、65歳以上の方の介護保険料必要額を算出します。

 第5期中(平成26年度まで)の保険料段階は6段階でしたが、平成27年度からは国の基準に準じて、より一層所得に応じた適切な

負担とするため9段階に細分化しています。

 平成27年度の介護保険料納入通知書は7月に送付予定です。また、受給している年金額が年額18万円以上の方からは、10月の

年金より新しい保険料で天引きが開始されます。

 

段階 対象者 負担割合 年額保険料(円)

第1段階

●生活保護受給者の方

●老齢福祉年金受給者で、世帯全員が町民税非課税の方

●世帯全員が町民税非課税で、前年の課税年金収入額と合計所得金

  額の合計が80万円以下の方

0.45

(0.50)

 29,700

 (33,000)

第2段階

世帯全員が町民税非課税で、前年の課税年金収入額と合計所得金額

の合計が80万円超120万円以下の方

0.75  49,400
第3段階

世帯全員が町民税非課税で、前年の課税年金収入額と合計所得金額

の合計が120万円超の方

0.75  49,400
第4段階

世帯の誰かに町民税が課税されているが本人は町民税非課税で、前

年の課税年金収入額と合計所得金額が80万円以下の方

0.90  59,300
第5段階

世帯の誰かに町民税が課税されているが本人は町民税非課税で、前

年の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円超の方

1.00

(基準)

 65,900
第6段階

本人が町民税課税で、

前年の合計所得金額が120万円未満の方

1.20  79,100
第7段階

本人が町民税課税で、

前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方

1.30  85,700

第8段階

本人が町民税課税で、

前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方

1.50  98,900
第9段階

本人が町民税課税で、

前年の合計所得金額が290万円以上の方

1.70 112,000

※第1段階の()内は、国、県、町からの公費を充当して、低所得者の保険料負担軽減を実施する前の額です。

お問い合わせ

長寿課
介護班
電話:0193-42-8161