大槌町防災計画の修正について

2018年3月30日

 大槌町防災計画は、平成30年3月修正されました。この計画は、大槌町の地域並びに町民の生命、身体及び財産を災害から守るため、災害対策基本法に基づき、大槌町防災会議が作成する計画で、それぞれの防災の関係機関が、全ての機能を有効に発揮し、お互いに協力して防災の万全を期するために必要な災害に対する予防、災害が起こった場合の応急対策及び災害からの復旧・復興に関する事項について定めているものです。

 今回の計画修正では、(1)避難勧告等の周知に関する手段の追加、(2)要配慮者施設に対する災害時の情報伝達体制の強化、(3)在宅避難者の早期把握とその支援体制の整備などのポイントを整理し、変更しています。

 この計画を有効に機能させるため、町民の皆様におかれましては、日頃から、緊急避難場所、指定避難所や避難経路等を確認したり、自主防災組織などが開催する各種訓練に積極的に参加したりして災害に備えてください。また、いつ災害が起きても対応できるよう、1人1人が食料や水をはじめとした非常用持出物品をまとめて準備しておくようお願いします。

 

大槌町防災計画(H30.3修正)

 

 H29地域防災計画修正の要旨(196KB)

  表紙・目次・合紙・奥付(767KB)

  本編(4MB)

  震災対策編・津波対策編(2MB)

  風水害対策編(1MB)

  資料編(11MB) 

  様式編(2MB)

 

 

  その他の防災に関する計画等は、下のリンクから御覧ください。  

お問い合わせ

危機管理室
電話:0193-42-8781