大槌町行方不明高齢者等早期発見事業のご案内

2017年6月19日

認知症の症状である「徘徊」により、自宅に戻れなかったり行方不明になったりする方が、全国的に増加しています。

この事業では、事業に協力いただける民間事業者をはじめ、地域に認知症の人を見守る“目”を増やしながら、徘徊高齢者等の早期発見・安全確保を行います。地域で認知症の人を見守って行きましょう。

 無題.png

 1.認知症の人のご家族の皆さまへ ~認知症高齢者等の情報の登録方法~

徘徊の心配のある人の名前や特徴、写真などの情報をあらかじめ登録しておくことで、必要な情報を迅速に警察署、消防署などと共有でき、早期発見につながります。

 ■事業の対象者

    認知症(65歳以上)、または若年性認知症(40歳以上)により徘徊の心配のある方。

 ■申請場所

    大槌町役場1階 長寿課窓口(大槌町地域包括支援センター)

■申請書の内容

 ≪記載内容(一部抜粋)≫

      氏名(旧姓)、生年月日、体格、認知症の症状、緊急連絡先(2~3名)

高齢者等登録申請書兼同意書(様式第1号).pdf(151KB)

≪必要な物≫

 申請者の印鑑(認め印で可)

 全身写真・顔写真の2種類(過去1年以内に撮影したもの)

 

2.町内の事業者の皆さまへ ~協力機関への登録方法~

地域に高齢者を見守る人を増やすために、協力機関への申請及び登録にご協力をお願いします。

協力機関の皆さまには、行方不明者(事業登録者に限る)の情報を提供し、業務の範囲内で情報提供にご協力いただきます。

■申請場所

   大槌町役場1階 長寿課窓口(大槌町地域包括支援センター)

※申請書には申請者の押印が必要です。

協力事業者登録申請書.pdf(104KB)   協力事業者登録申請書.doc(50KB)

■留意事項

   行方不明者の情報提供はFAXで行いますので、申請はFAX機器をお持ちの事業者に限らせていただきます。

 

3.地域の皆さま・協力機関の皆さまへ お願い

   徘徊中の認知症の人は、自ら道をたずねたり、助けを求めたりすることができないこともあります。また、昼夜関係なく、雨や雪、炎天下の日に、どこまでも遠くへ歩いてしまうこともあります。交通事故や転倒、脱水症状や熱中症など、徘徊は命の危険を伴っています。

■何気ない見守りをお願いします

   日々の生活や仕事の中で、このような方を見かけたときは、気にかけてみましょう。

  ・地域では見かけない高齢者等が、ウロウロ、キョロキョロ、不自然に歩いているとき

  ・同じところを何度も歩いているとき、同じところに長時間いるとき

  ・季節や天候に合わない格好をしているとき  など

■気にかかる様子の人をみかけたら、声かけをお願いします

   徘徊している人は、混乱しやすい状態です。

  「こんにちは」など、挨拶をきっかけにやさしく声をかけましょう。

   声をかけるときは、こんなことに気をつけましょう。

  1.驚かせない  2.急がせない 3.自尊心を傷つけない

関連ワード

お問い合わせ

長寿課
(大槌町地域包括支援センター)
電話:0193-42-8716