平成29年度大槌町空き家リフォーム支援補助金・民間賃貸住宅家賃支援補助金

2017年10月18日

大槌町空き家リフォーム支援補助金

町内の空き家を改修し定住しようとする方に対し、補助金を交付します。 

対象者

下記の事項のいずれにも該当する方。

(1) 空き家を購入又は賃借した方

(2) 現に町内住所を有していない方、又は町内に住所を有して1年を経過しない方

(3) 補助金に係る改修工事を行う空き家に、補助金の交付を受けた日から1年以内に入居し、引続き10年以上定住する意思のある方

(4) 町内会・自治会等に加入する方

(5) 住民税等の滞納をしない方

条件等

(1) 補助対象工事 台所、トイレ、浴室及び、内装、外壁、屋根等のほか、その他町長が必要と認める改修工事(空き家の機能回復・向上部分に限る。)

(2) 補助金の額 補助対象工事に要する額 (最大100万円)

(3) 補助金の返還 補助金交付を受けた日から1年以内に入居しない時、又は引続き10年以上居住しない時(居住年数に応じて段階的に返還率を定める。)

要綱・様式

空き家リフォーム支援補助金要綱(167KB)

様式1(申請書)(33KB)様式2(誓約書)(26KB)様式3(承諾書).doc(32KB)

大槌町民間賃貸住宅家賃支援補助金

町内外の新婚世帯及び、若年世帯が町内の民間賃貸住宅に入居する際、家賃の一部を補助します。

対象者

下記の事項のいずれにも該当する世帯。

(1) 新婚世帯(夫婦どちらも満45歳未満で、婚姻後5年を経過していない世帯)

(2)  若年世帯(世帯主が満18歳以上45歳未満)

(3) 補助金の交付を受けた日から3年以上定住する意思のある方

(4) 就労している方

(5) 住民税等の滞納をしない方

(6) 町内会・自治会等に加入すること

(7) 生活保護法による住宅扶助その他の公的制度による家賃補助等を受けていない方

(8) 当町に住所を有し、賃貸契約書に基づき民間賃貸住宅を借り上げる方

(9) 補助金の対象となる民間賃貸住宅を住居以外の目的に使用し、転貸又は当該住宅の使用権を他方へ譲渡しないこと

(10) 民間賃貸住宅に入居する世帯が、公務員又は、独立行政法人若しくは、地方独立行政法人の役員又は職員でないこと

条件等

(1) 対象民間賃貸住宅

建物の所有方との間で賃貸借契約(2親等以内の親族が所有し、かつ居住する住宅を賃貸借する場合を除く)を締結して、自己の居住用に供する住宅

※町営、県営の公的賃貸住宅、借上公共賃貸住宅、社宅、官舎、寮等の給与住宅を除く。

(2) 補助対象経費及び補助金額
補助金の月額は以下の通り(額に1,000円未満の端数が生じたときは、その端数金額は切り捨てる)。

(a) 実質家賃負担額(*)が4万円以上5万円未満の世帯とし、額は1万円とする。

(*実質家賃負担額・・・民間賃貸住宅の賃貸借契約に定められた賃借料の月額から、住宅手当、共益費、駐車場使用料等を除いた実質の家賃額)

(b) 実質家賃負担額が5万円を超える世帯とし、実質家賃負担額から2万円を控除した額の2分の1。ただし、2万円を限度とする。

(3) 補助金の返還 空き家リフォーム支援制度と同様の返還制度を設ける。 

要綱・様式

民間賃貸住宅家賃支援補助金要綱(169KB)

様式1(申請書)(26KB)様式2(家賃内訳)(31KB)様式3(承諾書).doc(32KB)

様式4(町内会加入証明書)(26KB)様式5(誓約書)(25KB)

 

 

お問い合わせ

コミュニティ総合支援室
電話:0193-42-8718