子どもの広域予防接種パスポートのお知らせ

平成30年度から岩手県内の協力医療機関のうち町外の医療機関での定期予防接種については、広域予防接種パスポートが必要になります。

対象者

  1. かかりつけ医または主治医が町外の県内にある方
  2. お母さんの里帰り出産や施設に入所しているなど、町外の県内に長期滞在している方。
  3. その他、やむを得ない事情で、町内で接種を受けるのが困難な方。

対象となる予防接種の種類

  1. 四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)
  2. DT(ジフテリア、破傷風)
  3. 麻しん風しん混合(MR)
  4. 日本脳炎
  5. 結核(BCG)
  6. Hib(ヒブ)感染症
  7. 小児の肺炎球菌感染症
  8. HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症
  9. 水痘(みずぼうそう)
  10. B型肝炎

手続きの流れ

  1. 大槌町役場保健福祉課に広域予防接種を希望する旨を申し込みをします。
  2. 対象者と認められれば、「広域予防接種パスポート」が交付されます。
  3. ご希望の医療機関に電話等で予約の申し込みをします。
    …パスポートに記載された9桁の「広域接種番号(※461H30△△△)」を確認されます。予め手元に準備を。
    ※△には通し番号が入ります。
  4. 接種当日は「予診票」「母子手帳」「広域接種パスポート」の3点を忘れずに。
    …これらのいずれかを忘れた場合は接種を受けることができませんのでご注意を。
  5. 受診の際は、予診票の右上に(余白)に「広域予防接種番号」9桁の記入をお願いします。
  6. 受診後は医療機関から「広域接種パスポート」を必ず返却してもらってください。
  7. 大槌町の負担額が医療機関の接種料金に満たない場合、窓口で差額のお支払いを。
  8. パスポートは、大槌町から転出した場合、無効となります。速やかに返却を。

県内協力医療機関

下記アドレスより協力医療機関の確認をお願いします。

http://www.pref.iwate.jp/iryou/kenkou/yobou/063758.html

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ