新婚生活の新生活を応援します!!

大槌町では、新婚世帯の経済的な負担を軽減するため、新婚生活に係る費用の一部(引越費用)を補助します。

【対象となる世帯】

平成31年4月1日から平成32年3月31日までの間に婚姻届を提出し、受理された夫婦のうち、次の条件をすべて満たしている世帯です。

  1. 夫婦共に婚姻日における年齢が34歳以下かつ世帯の所得が340万円未満であること。(注1)
  2. 対象となる住居が大槌町内にあり、当該住居の住所で住民登録がなされていること。
  3. 夫婦の双方又はいずれかが、大槌町外から転入していること。
  4. 他の公的制度による補助等を受けていないこと。
  5. 過去にこの制度に基づく補助を受けたことがないこと。
  6. 町税を滞納していないこと。

(注1)世帯所得は、所得証明書をもとに、平成30年1月1日から12月31日(4月から6月までの申請にあっては平成29年1月1日から12月31日)までの間の夫婦の所得を合算した額とします。

  • 婚姻を機に夫婦の双方又は一方が離職し、申請時に無職の方は、所得なしとして算出した夫婦の所得の合算した額とします。
  • 貸与型奨学金の返済を現に行っている場合にあっては、世帯の所得から貸与型奨学金の年間返済額を控除した額とします。

【補助の対象と補助金額】

補助金の額は、引越費用の額を対象とし、一世帯あたり10万円を限度とします。引越費用は、引越業者又は運送業者への支払いその他の引越に係る実費が対象となります。

※補助金の額に1,000円未満の端数があるときは切り捨てます。

※対象となる経費は、平成31年1月1日から平成32年3月31日までの間に要した引越費用です。

※ご自分でレンタカーを借りて引っ越したり、友人に頼んだ場合は対象となりません。

【申請に必要な書類】

補助金の交付を受けるには、大槌町結婚新生活支援事業費補助金交付申請書に次に掲げる書類を添えて、平成32年3月31日(火)までに大槌町保健福祉課へ提出してください。

ただし、申請する際に、町が補助金申請の事務処理に必要な範囲で調査することに同意した場合は、書類の提出を省略できる場合があります。

  1. 婚姻後の戸籍謄本の写し
  2. 世帯員全員の住民票の写し
  3. 夫婦それぞれの平成30年分(4月から6月までの申請にあっては平成29年分)の所得証明書(結婚を機に離職し、申請時において無職の場合は、離職票又はこれに代わるものの写し)
  4. 夫婦ともに町税の滞納がないことを証明する書類(完納証明書)
  5. 貸与型奨学金の平成30年中の返済額が確認できる書類(借り入れがあり、現に返済を行っている場合)
  6. 引越費用に係る領収書等の写し
  7. その他

※予算の上限に達した場合、受付を終了させていただきます。

【計画の公表】

国の結婚新生活支援事業実施要領に基づく計画の公表

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ