「生きた証回顧録」(平成29年度版)の配布について

この度、「生きた証回顧録」(平成29年度版)を平成30年3月11日に発刊致しました。ついてはご遺族の方々に配布を致します。「生きた証プロジェクト」事業は、東日本大震災津波によって犠牲になられた人々の生前の歩みや、大切な人に寄せる思いを綴り、後世に語り継ぐため、平成26年に「生きた証プロジェクト実行委員会」を設立し、犠牲者全員の生きた証を残す取り組みとして開始しました。

このプロジェクトでは、犠牲になられた方のお人柄、経歴、震災時の行動等を聴き取り、記録に残すことで、町全体で「故人の歩みを忘れず」、「故人を供養し」、「災害記録として伝承する」ことを目的とし、平成28年3月に「生きた証回顧録」(平成28年度版)を発刊致しました。

昨年の6月には、新たに大槌町民による「生きた証プロジェクト推進協議会」が発足、聴き取りを行いました。

今回の回顧録は76名の犠牲者の方々を掲載しております。

1.発刊内容

  1. 掲載者数:76名
  2. 掲載対象期間:平成29年度にお聴き取りをしたもの
  3. 平成29年度版発行部数:900部

2.「生きた証回顧録」(平成29年度版)の配布方法

ご遺族への配布

  1. 今回、回顧録に掲載された犠牲者のご遺族に対しては、1家族につき1冊を無料配布致します。また、平成28年度版も合わせてお送り致します。
    昨年、平成28年度版を送付したご遺族にも1家族につき1冊を無料配布致します。
  2. 配布方法
    下記の方法で配布いたします。
    • 郵送
  3. 役場までお越し頂くご遺族には、大槌町役場震災伝承推進室(3階)で直接お渡しします。
    月曜日から金曜日8:30~17:15の間にお越しください(祝日を除く)。
  4. 町外のご遺族には郵送により発送します。

ご遺族以外への頒布(購入希望者)

  1. 購入希望者には有料頒布します。
  2. 受付開始期間:平成29年4月2日~
  3. 頒布価格:500円
  4. 申し込み方法
    • はがき
    • 電話:0193-27-8168
    • FAX:0193-42-3855
    • E-mail: densyo@town.otsuchi.iwate.jp
    • 申込情報:件名「生きた証回顧録申し込み」と記載、氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、送付先住所、電話番号、E-mailアドレス、希望冊数をお書きください。
      【宛先】〒028-1192 岩手県上閉伊郡大槌町上町1番3号 大槌役場 震災伝承推進室
  5. お支払い方法
    頒布価格500円を記載した郵便振込用紙をお送りしますので、本振込用紙にてお近くの郵便局(ATM可)でお支払いださい。
    ※【ご注意】役場窓口で入金は出来ません。
  6. 発送方法
    • 郵送
    • 役場窓口にて直接お渡し

「生きた証回顧録」(平成29年度版)A5版

生きた証回顧録 表紙

カテゴリー

お問い合わせ

文化活動交流施設

電話:
0193-27-5181
Fax:
0193-27-5182
閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ