大槌町中小企業被災資産復旧事業費補助金について

震災により被害を受けた施設や設備と同程度のものを復旧するためにかかる経費に対して、県・町から対象経費(税抜)の2分の1の補助があります。

申請は随時受け付けしておりますので、検討される方は、大槌町産業振興課商工観光班へご相談ください。

補助金交付までの流れ

1 大槌町に事前相談(省略可)

2 大槌町に申請書と必要書類を提出する

必要書類

  1. 施設設備の被災状況が確認できる書類→罹災証明書
  2. 施設設備の復旧に要する経費が確認できる書類 →見積書、契約書、新店舗の図面等
  3. 被災時に沿岸地域内で事業を行っていたことが分かる書類→登記事項証明書(法人)、平成23年度町県民税所得・課税証明書(個人事業主)
  4. 被災時に復旧しようとする施設設備を有していたことを証明する書類→固定資産証明書、減価償却台帳、旧店舗の図面等
  5. 町税完納証明書
  6. その他町長が必要と認める書類

上記必要書類については、ご相談ください。

3 大槌町と岩手県が内容を審査し、申請者に交付決定通知書を送付する

※書類状況によって、審査には数か月かかることもあります

4 申請者は事業終了後、大槌町に実績報告書と必要書類を提出する

必要書類

  1. 支払いを証明する書類(領収書等)
  2. 完成写真
  3. その他町長が必要と認める書類

5 大槌町は、事業が適正に行われたかを確認し、申請者に確定通知書を送付する

6 申請者は大槌町に請求書を提出する

7 大槌町は申請者に補助金を交付する

注意点

  • 本補助金は遡及適用があり、平成23年3月11日以降に係る経費が対象となります。つまり、事業終了後に申請することも可能です。
  • グループ補助金と本補助金の併用はできません
  • 本補助金は精算払となっており、補助金分を申請者の方に一度立替えて頂くことになります。
    →補助金つなぎ資金として金融機関より融資を受ける際大槌町から利子・信用保証料を全額補給する制度(復興おおちゃん融資)がありますので、ご利用ください。
  • 県内沿岸各市町村でそれぞれ本補助金の要綱を定めており、補助対象経費や補助金額、審査基準が異なっております

ご留意ください。

相談・申請先

大槌町産業振興課商工観光班(tel0193-42-8725)

申請書類は、下記の要綱を参照。

補助対象経費

補助対象経費
(被災前に保有していたことが書類で確認できるもの)

補助金額

補助率

施設

震災により損壊・流失したもののうち、事業を行うのに不可欠な施設。構造や面積は、被災前のものと同程度以下とする。住居兼店舗を再建する場合は、店舗部分のみ対象。

施設:販売施設、生産施設、加工施設、倉庫等

50万円以上

2千万円以下

※修繕の場合

別途要件

対象経費

2分の1

設備

震災により損壊・流失したもののうち、事業を行うのに不可欠であり資産計上する設備。

設備:建物及びその附属設備

例)暖冷房設備、照明設備、通風設備、昇降機その他建物に附属する設備等。理美容業のカット椅子やシャンプー台等については、建物に固定されていれば対象

機械及び装置

例)冷蔵庫、生産機械、加工機械等

但し、汎用性が高い設備(車、パソコン、テーブル・椅子等)は対象外。

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ