居宅介護(予防)サービスを利用できる額の上限(月額)

居宅介護(予防)サービスの要介護状態区分ごとに利用できる額の上限は次のとおりです。

利用したサービスにかかった費用の原則1割を利用者が負担します。

支給限度額
要介護状態区分 支給限度額(1か月当たり)
要支援1 5万30円
要支援2 10万4,730円
要介護1 16万6,920円
要介護2 19万6,160円
要介護3 26万9,310円
要介護4 30万8,060円
要介護5 36万650円

福祉用具購入費及び住宅改修費は、上記の上限には含まれず、別に利用できるサービスですが、次のとおり限度額があります。

支給限度額
特定福祉用具購入 同一年度内 10万円まで
住宅改修費 同一住宅、同一対象者 20万円まで(原則1回限り)

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ