日本脳炎予防接種について

日本脳炎とは

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスにより発生する疾病で、蚊を介して感染します。以前は子どもや高齢者に多くみられた病気です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至ることもあります。

一般に、日本脳炎ウイルスに感染した場合、およそ1,000に1人が日本脳炎を発症し、発症した方の20~40%が亡くなってしまうといわれています。また、生存者の45~70%に精神障害などの後遺症が残ってしまうといわれています。

日本脳炎予防接種の対象と接種回数

  接種回数 接種間隔 標準的な接種期間
1期初回 2回 6日~28日までの間隔をあけて2回接種 3~4歳未満
1期追加 1回 - 初回2回目終了後おおむね1年後
2期 1回 - 9~13歳未満

※平成17~21年度までの接種の積極的勧奨の差し控えにより、日本脳炎を接種する機会を逃した人も対象に実施しています。対象者には個別に通知します。

接種方法

集団接種です。実施日時や会場などは町広報に掲載し、対象者には案内と予診票を送付します。
予診票には必要事項を記入し、母子健康手帳と一緒に予防接種会場にお持ちください。

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ