養育医療給付事業

養育医療給付の申請手続きは、現在保健所で行っていますが、4月から福祉課の窓口での手続きに変更となります。

養育医療給付事業とは、身体の発育が未熟なまま出生し、入院養育が必要な乳児に対し、指定養育医療機関でその養育に必要な医療の給付を行う制度です。世帯の所得に応じて一部自己負担があります。

対象は、大槌町内に居住する乳児(1歳未満)で、出生時体重が2,000g以下で諸機能に未熟があり、医師が入院養育を必要と認めた場合です。
対象者には、出生届時に詳しくお伝えします。

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ