心得 物品

指名競争入札心得

1.入札書記載金額

落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の100分の5に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので、入札参加者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約希望金額の105分の100に相当する金額を入札書に記載すること。

2.入札等

  1. 入札参加者は、代理人に入札させるときは、その委任状を持参させなければならない。
  2. 郵便による入札は、認めない。

3.入札の無効

次の各号のいずれかに該当する入札は無効とする。

  1. 入札に参加する資格を有しない者のした入札
  2. 委任状を持参しない代理人のした入札
  3. 記名押印をしていない入札
  4. 金額を訂正した入札
  5. 誤字、脱字等により必要事項が確認できない入札
  6. 明らかに連合によると認められる入札
  7. 同一事業の入札について他人の代理人を兼ね、又は2人以上の代理をした者の入札
  8. 設計縦覧及び現場説明のある場合は、設計縦覧及び現場説明に参加しない者のした入札
  9. その他入札に関する条件に違反した入札

4.入札の辞退

  1. 指名を受けた者は、入札執行の完了に至るまでは、いつでも入札を辞退することができる。
  2. 指名を受けた者は、入札を辞退するときは、その旨を次の各号に掲げるところにより申し出るものとする。
    ア.入札執行前にあっては、入札辞退届を契約担当者に直接持参、又は郵送(入札日の前日までに到達するものに限る。)して行う。
    イ.入札執行中にあっては、入札辞退届又はその旨を明記した入札書を、入札を執行する者に直接提出して行う。
  3. 入札を辞退した者は、これを理由として以後の指名等について不利益な取扱いを受けるものではない。

5.公正な入札の確保

  1. 入札参加者は、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和22年法律第54号)等に抵触する行為を行ってはならない。
  2. 入札参加者が連合し、又は不穏の行動をなす等の場合において、入札を公正に執行することができないと認められるときは、当該入札参加者を入札に参加させず、又は入札の執行を延期し、若しくは取りやめることがある。
  3. 入札辞退者、無効となる入札をした者が多数生じたこと等により競争入札の趣旨が失われると認められる場合には、入札執行前にあっては入札を取りやめることがある。また、入札執行中にあっては入札を打ち切ることがある。
  4. 入札執行回数は、3回を限度とするものとし、この限度内において落札者がいないときは、入札を取りやめる。
  5. 開札後、不正行為が疑われる場合は、当該業者から事情聴取する場合がある。

6.入札書のあて名は、大槌町長 碇川 豊とする。

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ