手足口病の発生状況について

 8月12日~9月8日時点の釜石市・大槌町における手足口病の患者数が警報値を超えました。

手足口病の流行が続いております。手洗い・うがいを励行し、ウイルスが広まらないように注意しましょう。

 

釜石保健所管内 手足口病定点報告状況(※定点医療機関数:2医療機関)
  8月12日~8月18日   8月19日~8月25日 8月26日~ 9月1日 9月2日~9月8日
患者数(人) 11 18 34 41

 

<手足口病とは>

 口の中や手足に現れる水疱性の発疹を主症状とした急性ウイルス感染症です。特に、乳幼児を中心に夏季に

流行します。

潜伏期間は3~5日程度で、数日の内に自然治癒する良好な疾患ですが、まれに髄膜炎や小脳失調症、脳炎などの

合併症を引き起こす場合があります。

 症状として、頭痛、嘔吐、高熱などが続く場合は、早めに医療機関を受診するようにお願い致します。

 

 

 

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ