地域農業マスタープラン実質化に係る作業工程表を公表します

農地の集積・集約化の推進に向けては、農地の受け手となる担い手の確保が課題となっており、改めて、地域の農地を将来に渡りどのように利用していくか、それぞれの地域において、議論を深めながら、農地集積等の取組を強化していくことが重要です。

このため、大槌町では、令和元年度内に、農地を将来に渡りどのように利用していくか、生産者の皆さんの意向等を把握の上、地図などを活用し、具体的に誰がどの農地を利用していくか、集落での活発な話し合いを行いながら、地域農業の将来像を描いた地域農業マスタープランに反映させていく「プランの実質化」の取組を進めていくこととしています。

現在、町内においては、3地区の地域農業マスタープランが策定されています。それぞれの地区において、添付ファイルの工程表に基づき、実質化の取組みを推進し、プランによる担い手の確保・育成や農地の集積・集約化等につなげていく予定です。

 

実質化工程表.xlsx (XLSX 23.5KB)

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ