日本脳炎ワクチン予防接種

 日本脳炎は、蚊を介して感染し、無症状で気づきにくい感染症です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至ることもあります。

 平成17~21年度にかけて積極的な勧奨は差し控えとなっておりましたが、現在はワクチンの開発により、通常通りの接種が進められております。

お知らせ

[New] 日本脳炎ワクチンの供給不足について


対象者

 第1期…生後6か月~生後90月(7歳6か月)未満
 第2期…9歳~13歳未満

接種回数と間隔

  接種回数 接種間隔 標準的な接種期間
第1期 初回 2回 6日以上の間隔をあけて2回接種。 3~4歳未満
第2期 追加 1回 初回終了後から半年~1年以上あけて接種。 4~5歳未満
第2期 1回 - 9~10歳未満

予診票

 予診票(薄紫色):
  第1期 初回… 3歳になる頃(奇数月)に通知します。
  第1期 追加… 初回接種終了後から1年経過した児に、町から個別(偶数月)に通知します。
  第2期…………小学4年生に相当する児に、町から個別に通知します。

実施医療機関

町内医療機関一覧(R3.3月現在).pdf (PDF 135KB)


特例措置

 平成17年5月~平成22年3月31日までの積極的な勧奨の差し控えが行われていた期間に、接種の機会(計4回)を逃した方について、日本脳炎予防接種の不足分を定期接種として接種することができます。
 接種を希望される方は、お問い合わせください。

*平成29年~令和6年度の期間において18歳となる者については、積極的な勧奨の差し控えにより、日本脳炎第2期の接種勧奨が十分に行われていないことから、予防接種を完了していない方に、町から個別に「日本脳炎第2期予防接種の予診票(特例措置用)」を通知いたします

日本脳炎 特例措置について.pdf (PDF 240KB)

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ