大槌町新型コロナウイルス感染症対策本部設置について

大槌町新型コロナウイルス感染症対策本部を設置しました

 新型コロナウイルス感染症が全国的に感染拡大をしていることをふまえ、また、感染拡大対策に的確かつ迅速に対応するため、大槌町新型インフルエンザ等対策行動計画に準じて、令和2年3月12日付けで大槌町新型コロナウイルス感染症予防対策本部から下記のとおり対策本部に切り替えました。

  •  名称          大槌町新型コロナウイルス感染症対策本部
  •  組織          本部長 :町長
                 副本部長:副町長及び教育長
                     構成員 :各課等の長
                     事務局 :保健福祉課、総務課
  • 設置場所   大槌町役場内

令和2年7月30日 第8回会議を開催しました
  • 県内で初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたことを踏まえ、今後の対応について協議しました。
  • 今後の感染状況を注視し情報収集及び共有を図ること、各課において基本的な感染防止策を講じていくことを確認しました。
令和2年5月29日 第7回会議を開催しました
  • 国の新型コロナウイルス感染症緊急事態解除宣言を受け、新型インフルエンザ等特別特措法に基づく大槌町新型コロナウイルス感染症対策本部から任意での対策本部会議に移行しました。
  • 国及び県の基本的対処方針の改定を受け、大槌町新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を改定しました。
  • 新型コロナウイルス感染症対策を考慮した災害時の避難所対応について確認しました。
令和2年5月18日 第6回会議を開催しました 
  •  5月14日に緊急事態宣言が岩手県において解除されたことに伴う、国・県の動向について確認し、町の基本的対処方針を改定しました。
令和2年5月11日 第5回会議を開催しました 
  • 今後の感染拡大の防止や健康被害を最小限に留めるため、地域包括的な対応が必要なことから、オブザーバーの参加を要請し、出席いただきました。
    オブザーバー:大槌町商工会、岩手県立大槌高等学校、大槌町社会福祉協議会、岩手県釜石保健所
  • 新型コロナウイルス感染症の発生状況及び対応(国・県・町)について経過を説明し、オブザーバーの方よりご意見を頂戴しました。
令和2年5月7日 第4回会議を開催しました
  • 国・県の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を踏まえ、大槌町新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を決定しました。
令和2年4月17日 第3回会議を開催しました 
  • 緊急事態宣言に伴う各課の対応を協議しました。
令和2年3月30日 庁内で情報共有を行いました

 町長日程調整会議において各課の対応の変化、追加について報告を行い庁内ネットワークにて、情報共有を図りました。

令和2年3月23日 第2回会議を開催しました
  • 現在の状況について情報共有をし、各課の警戒レベルに応じた対応すべき事項について確認しました。
  • 各課における警戒レベル毎の対応、対外的な対応を含めて今後検討することとしました。
  • 以後、対応したケース、今後対応する事項を毎週金曜日にとりまとめ、翌週月曜日に三役に報告します。
    ※フェーズが変化(県内及び町内に感染者が発生)した場合または緊急的に協議が必要な場合は会議を開く
令和2年3月13日 第1回会議を開催しました
  • 新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、全庁的な対応とすることで、保健衛生のみならず、教育、産業等の広範囲な対応を推し進めることを確認しました。
  • 今までの対応状況を情報共有し、早急に警戒レベルに応じた対応すべき事項について各課に要請しました。

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ