新型コロナウイルス感染症に係る要介護・要支援認定の有効期間延長について

新型コロナウイルス感染症予防の観点から、下記の要件を満たし、延長申請があった場合において、要介護・要支援認定の有効期間を最大で12か月延長することが可能となっております。

延長可能な要件

①更新申請(※1)をする被保険者であること

②新型コロナウイルス感染症の影響により、認定調査の実施が困難であること

延長申請の方法

下記の書類を被保険者等(※2)が記入の上、長寿課介護班に提出してください。

①介護保険要介護認定・要支援認定申請書(様式第5号(第7条関係))

②要介護・要支援認定 有効期間延長申請書(様式第1号)要介護・要支援認定有効期間延長申請書.docx (DOCX 17.7KB)

 

※1 有効期間終了の60日前から可能となります。なお、新規申請、区分変更申請は対象となりません。

※2 被保険者本人、介護者、同居家族、介護支援専門員が該当します。

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ