大槌町の個人情報保護制度

 

1 大槌町個人情報保護条例の制定及びその目的
 大槌町では、個人情報の適正な取扱いに関する基本的事項及び町が保有する個人情報の開示、訂正および利用停止を請求する権利を明らかにすることで、個人の権利利益の保護を図ることを目的として、大槌町個人情報保護条例(平成17年大槌町条例第9号)を制定しています。

2 条例の対象となる個人情報
 条例の対象となる「個人情報」とは、個人に関する情報であって、その情報に含まれる氏名、生年月日その他記述等により特定の個人の識別することができるものです。

3 個人情報の開示、訂正等
 大槌町個人情報保護条例では実施機関(注1)が保有する個人情報について、本人に限り開示、訂正等を請求することができます。ただし、未成年、成年被後見人の法定代理人及び実施機関な理由があると認めた場合は本人に代わって開示、訂正等を請求することができます。ただし、国の法令等により公開することができない情報や開示請求者の生命、健康、生活等を害する情報等、公開できない場合があります。
    ※実施機関とは
      町長、教育長、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査員会及び議会

4 開示請求
 個人情報開示請求書に必要事項を記入して総務課まで提出してください。個人情報開示請求書の様式はこちらからダウンロードできます。
  ・個人情報開示請求書(word)
  ・個人情報開示請求書(pdf

5 運用の状況
 大槌町個人情報保護条例第44条の規定に基づき、令和3年度における運用状況を公表します。

令和3年度 請求内容 請求件数 決定件数 請求取り下げ件数
開示 0件
訂正 0件
利用停止 0件

6 個人情報登録簿の公開
 大槌町個人情報保護条例第4条第1項及び第3項の規定に基づき、大槌町個人情報登録簿を公開します。
  個人情報登録簿(PDF 1.28MB)
  

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ