小規模事業者支援推進事業費補助金【持続化リベンジ補助金】を新設しました!

 新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越え、小規模事業者等の生産性向上及び持続的発展を図るため、感染拡大防止及びポストコロナを踏まえた事業に取り組む町内事業者に対し、補助金を交付します。
 チラシ (PDF 925KB)

1.補助対象者(次の全ての要件を満たすこと)

  • 大槌町内で事業を営む小規模事業者であること
  • 国補助金事業(※1)に応募し、採択されなかった事業であること
  • 県補助金事業(※2)に応募し、採択されなかった事業であること
  • 事業内容の見直しにより事業効果の向上が見込まれる事業であること(※3)
  • 事業所所在地の市区町村民税等の滞納がないこと
  • 営業に必要な許可等を取得している者であること
  • 過去に国補助金事業又は県補助金事業、本補助金のいずれの交付も受けていないこと

 (※1)経済産業省が実施する小規模事業者持続的発展支援事業費補助金のうち、令和2年度補正予算小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型(類型A~C)>、又は<低感染リスク型ビジネス枠>をいう。なお、令和元年度補正予算小規模事業者持続化補助金<一般型>、及び令和2年度補正予算小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型(事業再開枠)>は本補助金の対象外。
 (※2)岩手県が実施する小規模事業者支援推進事業費補助金をいう。
 (※3)大槌商工会による指導・助言をもとに事業計画等の見直しが必要となります。

2.補助金額

    上限30万円(補助率1/2)

3.対象経費

  • Ⅰ型(コロナ特別対応型類型A~C)
    機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、設備処分費、委託費、外注費
    (ただし、対象経費の1/6以上が新型コロナウイルス関連投資額であること)
  • Ⅱ型(低感染リスク型ビジネス枠)
    機械装置等費、広報費、展示会等出展費(※4)、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、設備処分費、委託費、外注費、感染防止対策費
    (ただし、感染防止対策費は補助金総額の1/4以内であること)

 (※4)オンラインによる展示会等に限る。

4.事業実施期間

    交付決定日 ~ 令和4年2月28日(月)まで

5.募集期間(第1回)

    令和3年10月18日(月) ~ 令和3年10月29日(金)まで
    【予算状況によっては、第2回募集(11月下旬)を実施いたします】

6.交付申請

    募集期間終了後、審査のうえ、交付決定可否を通知いたします。
    交付決定の内容(条件を含む)に対して不服があり、補助金の交付申請の取り下げをしようとするときは、通知を受けた日から10日以内に申請取下届出書.pdf (PDF 166KB)を提出ください。

7.変更申請

    交付決定後、補助事業の内容、又は金額の変更を行おうとするときは、次の書類を提出ください。
    ただし、交付決定額の20%未満の減額変更で、且つ事業計画の大幅な変更がない場合は、提出不要です。

    補助事業を中止、又は廃止しようとするときは、あらかじめ中止(廃止)申請書.pdf (PDF 175KB)を提出し、その承認を受ける必要があります。

8.実績報告

    補助事業完了後、30日以内(※5)にお手続きください。

 (※6)見積書、請求書、領収書それぞれの写しが必要となります。

9.その他

 

カテゴリー

閲覧履歴

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ